おせち料理は少人数なら、お店で買えばいい…

 

むかしと違い、おせち料理を作る御家庭が減っていますよね。
たぶん核家族になって、少人数になったからではないでしょうか?

 

その家の味のおせち料理を作ることがなくなったんですね。
なんとなく、さみしい感じがしますがそれだけではなく、
おせちの味が好きでない人もいるようです。

 

確かに食べものの好みが入ると、おせち料理を作っても殆ど食べないと
残ってしまい勿体無いことになります。

 

おせち料理はお金も手間がかかる料理なのに、食べてくれないと
がっかりしますよね!

 

 

理由はどうであれ、縁起ものとしておせち料理を食べるので
できるだけ食べた方がいいと思います。

 

 

今は、スーパーなどで、おせち料理が売られていますよね。
通信販売でもおせち料理を買うことができるので、少人数なら家で作るより、
いいかもしれませんね。

 

おせち料理があまって、困ることもありません。
好きなおせち料理を買ったらいいですしね。

 

元旦は一年の始まりです!
いい一年になるように、願いながらおせち料理を食べましょう!

 

 

 

家族が少人数にしろ大人数にしろ、子供が大きくなると特にみんなが
集まることが少なくなると思います。

 

お正月ぐらいは、家族みんなでおせち料理を食べて団らんするのも
いいですよね。

 

おせちにゆで卵は入れる?

 

おせちにゆで卵は入れるのでしょうか?
これも家庭によって異なります。
卵は縁起の良い食べ物ですから、
錦玉子やだて巻きなどと同じような意味になります。
また、ゆで卵を入れると、黄色と白がおせちを鮮やかに彩ってくれます。

 

 

ただ、一般的におせちの卵料理と言えば錦玉子やだて巻きですから、
やはり家庭によってゆで卵を入れる家庭とそうでない家庭があります。
ゆで卵は、茹でて詰めるだけで良いので、
ここでは錦玉子のレシピを紹介したいと思います。
ちなみに、ゆで卵も飾り切りにすると、よりおせちが華やかになりますよ。

 

 

◆材料
卵 L5個
砂糖 大さじ5
塩 2つまみ
食紅 少々

 

 

◆作り方
1.冷たい卵を、湯・塩を入れた鍋に静かに入れます。
2.11分ほど茹でたら、白身と黄身に分けます。
3.フードプロセッサーで白身を撹拌します、
4.布巾に出し、水気を切ります。
5.ボウルにあけ、砂糖大さじ2と塩3本指でひとつまみ加え混ぜます。
6.黄身をフードプロセッサーで撹拌し、
ボウルにあけて砂糖大さじ2と塩2本指ひとつまみ加え混ぜます。
7.白身の半量に食紅を加え混ぜます。
8.巻きすに黄身を伸ばし、白身を重ねピンク生地を中央にのせます。
9.巻きすの両端を均等にし、ラップでねじって止めます。
10.蒸し器で強めの中火で8分蒸し、冷ましたらカットします。

 

おせち料理 作るの大変


このページの先頭へ戻る